HOME >  すみだ水族館とは

すみだ水族館とは

水族館の新しいあり方を提案

■完全人工海水
『すみだ水族館』は、大成建設株式会社の人工海水製造システムにより、水槽内の水の完全人工海水化(注:淡水は除く)を実現しました。これは、オリックス不動産が運営する京都水族館(京都府京都市下京区観喜寺町35-1、2012年3月14日(水)開業)に次いで国内で2番目、関東では初の施設です。内陸型水族館の課題であった、大型車両による海水運搬時に発生するCO2の発生を抑え、さらに年間を通して一定の水質を維持できるため、水槽内の生物にとっても快適な環境を提供することが可能になりました。
■自由導線
東京スカイツリータウン®ウエストヤードの5階と6階の2層からなる『すみだ水族館』。上下フロアのつながりは、3つのルートから成り、それぞれに楽しみ方が異なります。決められた順路は無く、何度も行き来し、心行くまで水族館内を回遊し、さまざまな角度や視点で水槽を鑑賞することができます。お客さま一人ひとりがそれぞれの楽しみ方で鑑賞いただけます。
■スタッフとの距離感
国内最大級の屋内開放水槽では、間近でペンギンやオットセイをご覧いただけます。また、バックヤードをお見せするゾーンも設け、飼育の現場をご覧いただくこともできます。スタッフとのコミュニケーションももちろん大歓迎です。飼育スタッフとお客さまとの隔たりもなくし丁寧にご説明します。お客さま、いきもの、スタッフが、空気を通してつながっている感覚を体感いただけます。
  • すみだ水族館とは
  • すみだ水族館コラム
  • facebookページがスタートしました
  • 営業時間・料金
  • アクセスマップ
  • 年間パスポート
  • 団体ご予約