HOME > ニュース一覧 > 3月5日(日)「サンゴの日」限定プログラム「サンゴ生き生き体感ツアー」開催のお知らせ

ニュース

ニュース詳細

2017年3月2日
お知らせ

3月5日(日)「サンゴの日」限定プログラム「サンゴ生き生き体感ツアー」開催のお知らせ


2017年3月5日(日)「サンゴの日」に、飼育スタッフと一緒にサンゴの水槽や給餌風景を見てまわる「サンゴ生き生き体感ツアー」を開催します。
この機会にぜひ、美しい色のサンゴの大切さを感じてみてください。

●体験プログラム

  • 色とりどりのサンゴ
  • サンゴの給餌の様子
  • ツアーの最後に白いサンゴの骨格に色を塗ります。

飼育スタッフとめぐる!サンゴ生き生き体感ツアー

■開 催 日:2017年3月5日(日)
■開催時間:11時45分~、12時45分~、13時45分~
     16時15分~、17時30分~、18時45分~
     (計6回、各回約20分間)
■開催場所:6階 サンゴ水槽、サンゴアカデミー
■参加方法:当日受付
■参加対象:小学3年生以上
■参加定員:各回6名
■開催内容:
飼育スタッフによるサンゴ水槽の解説を聞きながら、サンゴの給餌や、白くなったサンゴと元気なサンゴの比較展示などを観察しながら、サンゴの色の美しさや大切さを体感するツアーです。プログラムの最後には、サンゴが元気に色づくよう、サンゴの骨格に色を塗っていただきます。色づいたサンゴの骨格と同じ株数のサンゴの苗を、沖縄の海に移植します。

●展示

  • サンゴの展示水槽 幅5.5m 奥行2m 水深1.3m 飼育には人工海水を使用

サンゴ水槽

■展示生物:シコロサンゴ、スリバチサンゴなど
■展示期間:常設 
■展示場所:6階「サンゴ礁」ゾーン
■展示内容:
13種類の沖縄のサンゴを育て展示しています。360度全方向から、美しいサンゴと、サンゴと関わって暮らす魚や貝などのいきものたちを観察できます。

  • 3年前に沖縄に移植したサンゴの苗
  • 2017年2月サンゴ移植風景

サンゴ移植活動

2016年まで開催した体験プログラム「みんなでつくろう!1・2・サンゴ」では、シールが1,000枚貼られるごとに、SANGO ORIX※の活動を通じて、沖縄の海に1株のサンゴを移植しました。3年間のイベント開催期間中に集まったシールの数は合計111,383枚で、これまでに111株のサンゴを移植しました。

<SANGO ORIX>
オリックスグループが2008年から沖縄の海域でサンゴの移植活動を通して美しい海を次世代へ残すため行っている、サンゴ礁再生プロジェクトです。サンゴ礁の成長状況などの確認調査を含めた保全・再生活動を続け現在までに9,600本のサンゴを移植しました。

  • ニュース
  • ニュース一覧
  • ニュース一覧
  • facebookページがスタートしました
  • 営業時間・料金
  • アクセスマップ
  • 年間パスポート
  • 団体ご予約