コラム

2020.08.12

すみだ水族館の「衛生対策」と「三密回避対策」について

すみだ水族館では、厚生労働省から公表された「新しい生活様式」および公益社団法人日本動物園水族館協会による「動物園・水族館における新型コロナウイルス感染対策ガイドライン(暫定版)」などの関連する団体のガイドラインに基づき、入場者数の制限をはじめ、入館前のサーモグラフィーによる検温の実施、定期的な換気などの「衛生対策」と「三密回避対策」を行っております。‌



そのほか、お客さまに当館で暮らすいきものたちに親しんでいただきながら、感染防止対策にご協力いただけるよう、独自の取り組み 「スリーペンギンズディスタンス」を実施しております。‌

1.いきものの大きさでソーシャルディスタンスを確保
お客さま同士の近接機会を低減するためのソーシャルディスタンス(約2メートル)を確保いただけるよう、チケット売り場や館内カフェの床面に、当館で暮らすいきものの大きさで表現した全6種類のラバーマットを設置しています。‌

ソーシャルディスタンスをいきものの大きさで表現したラバーマット

ペンギンのほか、チンアナゴやシロワニなど全6種類

2.「ペンギンの足あと」などのフロアシートを貼付
館内の水槽前の床面に、観覧する際の間隔目印として、「水のゆらめきを表現した水紋」や「ペンギンの足あと」のフロアシートを貼付しています。‌
お客さまが水紋の中やペンギンの足あとの位置に身を置くと、自然とお客さま同士の距離を取ることができる仕組みになっています。
自然水景などに設置された「水のゆらめきを表現した水紋」

スロープやビッグシャーレなどに設置された「ペンギンの足あと」

3.「みんなで検温」の掲示物を設置
入館時、サーモグラフィカメラによる検温をお客さまにお願いしています。‌
すみだ水族館のペンギンやオットセイを検温するようすや、ペンギンたちがプールから出てきた際の温度の変化などを表す掲示物をエントランスに設置することで、いきものをより身近に感じていただきながら、実践いただけます。‌

エントランスに設置された検温コーナー

すみだ水族館はこれからも、衛生管理を行いながら魅力ある施設づくりに努めます。‌
みなさまのご理解、ご協力の程、宜しくお願いいたします。

営業時間

平日 10時~20時
休祝日 9時~21時

※入場受付は閉館の1時間前まで
※季節により変動あり
※施設点検、気象状況などにより、
 臨時休業する場合あり

公式SNSはこちら

  • YouTube
  • Facebook
  • Twitter