ニュース

2021.11.29

【体験イベント受付中】「呼吸でめぐる、水族館」を12月9日(木)より開催

  • 「自然水景」ツアーイメージ

すみだ水族館(所在地:東京都墨田区、館長:中村 雄介)は、2021年12月9日(木)~2022年2月28日(月)の期間、いきものたちの“呼吸”をキーワードにしたさまざまな体験イベント「呼吸でめぐる、水族館」を開催しますのでお知らせします。‌

「呼吸でめぐる、水族館」は、すみだ水族館に入館して最初の展示エリア「自然水景」で見られる、水草が光合成によってつくり出す「酸素の泡」から着想した、いきものの呼吸に着目した水槽展示やワークショップなどを行うイベントです。‌
最長7mにもおよぶ「自然水景」の水槽では、いきもののほか、水草の植栽や石や流木で美しい自然環境の縮図を再現しています。水草の表面には、光合成から生み出された酸素が付着し、その酸素によって、いきものたちが呼吸をするいのちをつなぐ循環が水槽内で行われています。‌
企画展「緑と呼吸のテラス」では、この「自然水景」をゆったりと体感いただけるよう、6つの企画水槽と複数の大型スツールを6階テラススペースに設置します。企画水槽は、「酸素が生まれる緑の水槽」「水槽の中をめぐる酸素、呼吸の循環」「緑と光が育む呼吸」とテーマが分かれ、くつろぎながらいきものたちが呼吸するようすをご覧いただけます。‌
また、期間中は、館内でマスクに貼るアロマシールを配布するほか、「自然水景」前でのヨガ体験を実施します。そのほか、約20cmの水槽内に自分で選んだ水草や植物を植え込むミニパルダリウム※1を制作するワークショップや「自然水景」のクリエイターによる特別ツアーも実施します。‌

マスク生活による浅い呼吸に慣れてしまった方も多いなか、水槽内で循環する呼吸に着目していただくことで、無意識に行っている呼吸を深め、気持ちよく過ごせるヒントとなるような水族館の新しいめぐり方をお楽しみください。‌

※1 パルダリウム(paludarium)はラテン語で湿地、沼地を意味するpalusとariumからなる言葉で、熱帯の雨林や湿地などをガラスケースや水槽の中につくりあげたもの。

 ‌

「呼吸でめぐる、水族館」企画概要


①「自然水景」をゆったり体感!企画展「緑と呼吸のテラス」
<常設展示「自然水景」>
当館の最初の展示エリアである「自然水景」では、水槽内の水草が光合成によって「酸素の泡」を生み出すようすを見ることができます。その酸素を水槽内のいきものたちが体内に取り込み、排出する二酸化炭素で水草が新たな酸素を生み出す、呼吸の循環が行われています。‌

展示構成:「原生林の構図」「草原と石景」「スイレンの水辺」「熱帯のパラダイス」「楽園の泉」‌


自然水景「草原と石景」幅約7m×高さ1.2m

<企画展「緑と呼吸のテラス」>
「緑と呼吸のテラス」では、この「自然水景」をゆったりと体感いただけるよう、6つの企画水槽と複数の大型スツールを設置します。水草から酸素が生まれるようすや、いきものたちが呼吸をするようすをゆったりと見ながらお過ごしいただけます。‌
各水槽は「酸素が生まれる緑の水槽」、「水槽の中をめぐる酸素、呼吸の循環」、「緑と光が育む呼吸」と3つのテーマにわかれ、分かりやすく見ていただくための解説ボードも設置します。‌

展示期間:2021年12月9日(木)~2022年2月28日(月)‌
展示場所:6階 テラススペース‌


「支え岩」幅1.2m×高さ0.5m

「春を謳う」幅1.2m×高さ0.5m

②呼吸を深めながら館内を散策。マスクに貼る「アロマシール」を配布
イベント期間中、館内でマスクに貼るアロマシールを配布します。‌
すみだ水族館ではお客さまが居心地よく館内をお過ごしいただけるようにアロマの演出を行っています。自然水景エリアでは、科学的データに基づいて作られた、リラックス効果が期待できる「アロバランス」の香りを採用し、アロマシールでも同じ香りをお楽しみいただけます。‌

配布期間:2021年12月9日(木)~2022年2月28日(月)‌
配布場所:エントランス、6階 テラススペース‌

マスクに貼るアロマシール
マスクに貼るアロマシール

③閉館後の夜の水族館で、呼吸を深める「ヨガ体験」
閉館後の夜の水族館を貸し切ったヨガイベントを実施します。リラックス効果が期待できる「アロバランス」が香る自然水景の前で、呼吸を深めるポイントを紹介しながら行います。初心者の方でも無理なくご参加いただける約60分間のオリジナルのプログラムで、深い呼吸で体中に酸素をめぐらせ、一日の疲れを癒やしていただけます。‌

開催日:2021年12月10日(金)、15日(水)、‌
2022年1月14日(金)、28日(金)、2月4日(金)、18日(金)‌
開催時間:20:00~ ※19:00までに入館‌
開催場所:6階 自然水景前‌
参加定員:各回10名 ※最少催行人数5名‌
参加料金:2,500円(税込)※水族館入場料別‌
参加方法:ご購入はこちら ※先着順




「自然水景」エリア

④お持ち帰り可能でご自宅でも楽しめる「ミニパルダリウム制作」
高さ約20cmほどの水槽の中に、水草や熱帯植物を植えた‌
自分だけのミニパルダリウムを作るワークショップを開催し‌
ます。作り方のポイント紹介と、持ち帰った後のお手入れの‌
方法などもレクチャーします。ご自宅でも生命の息吹を感じ‌
ていただけます。‌

開催日:期間中の土曜 ※2022年1月1日を除く‌
開催時間:①17:00~ ②19:00~‌
開催場所:5階 アクアアカデミー‌
参加定員:各回4組(1組4名まで) ※最少催行人数1名 ※ポットは1組1つのみ‌
参加料金:「ガラスポットMARU」5,500円(税込)、‌
「ガラスポットSHIZUKU」11,000円(税込)‌
※いずれも1組での料金  ※水族館入場料別‌
参加方法:下記のうちご希望のコースをご選択ください。※先着順‌
【一般】「ガラスポットSHIZUKU」ご購入はこちら
【親子限定】「ガラスポットMARU」ご購入はこちら
【ペア限定】「ガラスポットSHIZUKU」ご購入はこちら

「ミニパルダリウム」イメージ

ミニパルダリウムイメージ‌
左から「ガラスポットSHIZUKU」、「ガラスポットMARU」




⑤水景クリエイターが解説!「自然水景」ツアー
すみだ水族館の「自然水景」の制作・維持管理を行っている株式会社アクアデザインアマノ(ADA)の水景クリエイター1名が「自然水景」の魅力をご紹介する特別ツアーを実施します。‌
「自然水景」の魅力は美しさだけでなく、いきものが相互に関係しあいながら命の循環を繰り返すようすや、水がいきものたちによってろ過され循環する生態系の縮図であることです。ツアーでは、企画展の水槽の見どころのほか、開館から9年以上維持されている「自然水景」の魅力や制作にかける思いなどをご紹介します。‌

開催日:2021 年12 月11 日(土)、2022 年1 月15 日(土)、2 月19 日(土)‌
開催時間:18:00~‌
開催場所:6 階 自然水景‌
参加定員:各回6 組(1 組2 名まで) ※最少催行人数4 名
参加料金:無料 ※水族館入場料別‌
参加方法:2022年1月15日(土)、2月19日(土)開催分は公式ウェブサイト内で、後日ご案内予定
※12 月11 日(土)開催分は受付を終了いたしました‌
※応募者多数の場合は抽選



「自然水景」ツアーイメージ

株式会社アクアデザインアマノ
アクアデザインアマノ(ADA)は、1982年創業の水草育成関連用品メーカーです。‌
創業者である天野 尚が、自らの理想とする水草レイアウト「ネイチャーアクアリウム」を創るために必要となるオリジナルの栄養素や道具を開発したことから、ADA の歴史は始まりました。ADA 製品の根底に流れる開発コンセプトは、「自然から学ぶ」ということ。水槽の中に水草や魚などのいきものが織りなす生態系を再現し、美しい水中景観をつくり上げる「ネイチャーアクアリウム」では、自然に近い環境を実現するための水槽システムが欠かせません。この自然から学んだ水槽システムのノウハウは、すみだ水族館に展示されている「自然水景」にも生かされています。‌

営業時間

平日 10時~20時
土日祝 9時~21時
臨時休館日:2022年1月19日(水)

※入場受付は閉館の1時間前まで
※季節により変動あり
※施設点検、気象状況などにより、
 臨時休業する場合あり

公式SNSはこちら

  • YouTube
  • Facebook
  • Twitter
  • Line